糖尿病の食事制限に最適な宅配食

あなたがリサーチ中の糖尿病食宅配の注目されている情報を丁寧に説明している専門サイトです。更には、あなたにとってプラスになる糖尿病食宅配のオリジナル情報も披露しています。すぐにでもお越しください。
トップページ > 糖尿病を誘発する病気
ページの先頭へ

糖尿病を誘発する病気

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかもしれません。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、決して食べられないという食品はありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるワケではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。

根本的な食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないと言うことです。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、過度な食欲を回避できたりするからです。

いくらシゴトが忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。

食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。

年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、病気に縛られない普段の生活や満たされた人生を送れるように努めることです。

治療法はさまざまですが、正しい指導の持と食事療法を通して、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐ事が出来ます。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。

とりワケ、食事の習慣・生活習慣が大聞く影響しもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、その状態が継続、悪化してしまうとゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。

2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、治療の目的として食生活の改善が重要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって大聞く作用します。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。

聴きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特性を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。

人は加齢と一緒にインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。その結果、血糖値の上昇へと繋がります。

とりワケ食事の後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。

「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防に繋がります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。

一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、条件次第では低血糖を誘発する怖れがあるので留意して下さい。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用して下さい。

糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、前もって生活を変えるということは難しいことです。

その内、次第に境界型という糖尿病になってくると、多彩な体調の変化が顕れてきます。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素がたくさん含まれている種類によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量=80kcal(1単位)として掲載しています。日常的に食品交換表を使用することで、献立づくりの悩み解消にもなります。

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。

3食バランスよく食べて、ご飯の量を少なくすることが大切です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。

すなわち、糖質ばかりの食事はよくないと言うことです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

Copyright (c) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All rights reserved.