糖尿病の食事制限に最適な宅配食

あなたがリサーチ中の糖尿病食宅配の注目されている情報を丁寧に説明している専門サイトです。更には、あなたにとってプラスになる糖尿病食宅配のオリジナル情報も披露しています。すぐにでもお越しください。
トップページ > 危険な状態を招く低血糖
ページの先頭へ

危険な状態を招く低血糖

インスリンの作用は年齢といっしょに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。

血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防に繋がります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。

また、食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。

糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。

その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

糖尿病性の合併症につながらないよう体重や血糖を適正に保つ、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。さまざまな種類(時には新しく発見されることもあるようです)の栄養素を適切な量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。

適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多くふくまれている栄養素を元にして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量がけい載してあります。

沿うした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。

いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンが上手に機能しなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、健康な人と同様に活動的な日常生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかも知れません。ところが、糖尿病になったからといって、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を意識することが目的となります。もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひともふくめみんなが考えないといけないことなのです。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ糖尿病になったりゆうじゃないから、今は食生活を改善したり、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、沿う考えるのも無理はないです。しかし、糖尿病の境界型になると、検査の結果にも色々な変化が顕れはじめます。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、食事の量を減らすことが重要です。

糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。

すなわち、糖質ばかりの食事はよくないと言う事になります。糖質制限の例として種類(時には新しく発見されることもあるようです)の多い幕の内弁当と食事を少なく摂ることを、推奨しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べて下さい。

食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

忙しいとき、しごとの合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。

薬での治療をしている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してちょうだい。

日々の献立創りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてちょうだい。

Copyright (c) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All rights reserved.