糖尿病の食事制限に最適な宅配食

あなたがリサーチ中の糖尿病食宅配の注目されている情報を丁寧に説明している専門サイトです。更には、あなたにとってプラスになる糖尿病食宅配のオリジナル情報も披露しています。すぐにでもお越しください。
トップページ > 食後高血糖にしない食事の工夫
ページの先頭へ

食後高血糖にしない食事の工夫

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病を患った方には非常に大切な食事法です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事を取るために「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、調味料と6つの食品グループと表に分類して、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量をけい載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立づくりの悩み解消にもなるはずです。人は歳といっしょにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。その結果、血糖値の上昇へと繋がります。食後は特別、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさんふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。忙しいとき、仕事の合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。

血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してちょうだい。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってちょうだい。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となるはずですが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものもけい載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってちょうだい。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となるはずです。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大聴く発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、病状の継続・悪化に繋がりゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。

2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療は行えません。

体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のタイミングと役割に関して新しく研究する分野です。

例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと想像している患者さんが多数だと思います。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある理由ではなく、食べ物に含まれるいろいろな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になるはずです。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、常々皆様が意識して考えないといけないということです。

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。

毎日3食バランスよく食べて、ご飯の量を少なくすることが大切です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。

同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。

糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。

腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の一つである糖尿病は、血糖値を正いつも保つインスリンとよばれるホルモンが上手く機能しなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にも繋がります。

健康診断などで糖尿病予備軍と注意をうけた経験のある方立ちのなかで、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、意識して生活の改善をはかることはめずらしいことです。

その内、次第に境界型という糖尿病になってくると、からだの中では、すでに変化が起き初めています。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、自覚症状のない時から出てきます。

Copyright (c) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All rights reserved.