糖尿病の食事制限に最適な宅配食

あなたがリサーチ中の糖尿病食宅配の注目されている情報を丁寧に説明している専門サイトです。更には、あなたにとってプラスになる糖尿病食宅配のオリジナル情報も披露しています。すぐにでもお越しください。
トップページ > 糖尿病は血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが機能しなくなる病気
ページの先頭へ

糖尿病は血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが機能しなくなる病気

年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するイロイロな病症からの回避に繋がり、日常の生活に支障をきたさないよう実り多き時間を過ごすことです。

治療法はさまざまですが、正しい指導の持と食事療法を通して、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。

バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。食品交換表を持とに普段の食事を意識すると、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかも知れません。

自覚症状のない病気の場合は、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。

そのうち、徐々に境界型という糖尿病になってくると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、自覚症状のない時から出てきます。

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、ご飯の量を減らすことが重要です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。

すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、提案しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大聴く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その通り状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。

適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と置き換える事が出来てますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。

一方、薬物療法をうけている患者さんの場合、食べるタイミングを間ちがえると状況次第では低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。

献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。

糖尿病というと、制限された食事と大抵の患者さんは捉えます。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食べ物にふくまれるイロイロな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。持と持と食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、一般の健康な方立ちにとっても必要なことなのです。

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せる恐れがあります。

毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」に大聴く左右されます。

「体内時計」は、生活スタイルから影響をうけています。

「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉える事が出来てます。

これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性が持たらす作用について考える新しい研究分野です。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることによってす。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。

どんなに忙しくても、五分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ異なる作用を持ちます)には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。

人は年齢と供に筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。

食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ異なる作用を持ちます)が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。

また、ご飯や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

Copyright (c) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All rights reserved.