糖尿病の食事制限に最適な宅配食

あなたがリサーチ中の糖尿病食宅配の注目されている情報を丁寧に説明している専門サイトです。更には、あなたにとってプラスになる糖尿病食宅配のオリジナル情報も披露しています。すぐにでもお越しください。
トップページ > 血糖値を上げないために食事は20分かけてゆっくり食べる
ページの先頭へ

血糖値を上げないために食事は20分かけてゆっくり食べる

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べる事です。

ゆっくり食べてみた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。

多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。

血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配ってちょうだい。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。

正式に糖尿病と診断されてるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。

糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、多様な体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが相応しいとされているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、適切なタイミングで食べものを摂らないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。

日々の献立つくりに変化を取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってちょうだい。沢山の食品群にはさまざまな栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量を掲載しています。

日常的に食品交換表を利用することで、献立づくりの悩み解消にもなります。

糖尿病というと、制限された食事と大抵の患者さんは捉えます。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるワケではなく、食品にふくまれる栄養素の種類(時には新しく発見されることもあるようです)とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えることが大切です。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんへむけた絶対条件というものではなく、健康なひともふくめ皆さんが考えないといけないことなのです。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、病状の継続・悪化に繋がりやがて合併症を引き起こす要因となります。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活の改善なくして治療は行えません。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「ゆるやかな糖質制限食」の目安です。一日3食のバランスを考えながら、食事を少なく摂ることが大事です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食と食事の摂り方に注意しましょう」と、提言しています。

「ゆるやかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンが上手に機能しなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避に繋がり、病気に縛られない普段の生活や満たされた人生を送れるように努めることです。

治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。人は加齢と供にインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。血糖値の上昇に繋がる原因の一つです。

特に食後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。併せて、食事や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)のリスクを引き寄せる畏れがあるでしょう。

わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」と密接に関わっています。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。

Copyright (c) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All rights reserved.