糖尿病の食事制限に最適な宅配食

糖尿病,食事,宅配

  • HOME

糖尿病0006

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと大抵の患者さんは捉えます。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを意識することが目的となります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、治療の目的として食生活の改善が重要です。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯は少なめにすることが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはなかなかできません。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。その結果、血糖値の上昇へとつながります。特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。まずは野菜から食べるといった食事法です。食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンが上手に機能しなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康的な心とからだを保ち、充実した人生をおくるようにすることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」によって大きく作用します。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のタイミングと作用について調べる新しい研究分野です。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、そのうち最も多い栄養素をもとに、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量=80kcal(1単位)として掲載しています。食品交換表を活用することで、献立づくりの悩み解消にもなります。
Copyright (C) 2014 糖尿病の食事制限に最適な宅配食 All Rights Reserved.

Page Top